スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に三木アネ

また先々週の話になりますが・・・

土曜の静岡砂練から戻ってきた翌日、我が家で少しビバークした後、
そのままM井君三木アネックスパークのモトクロスコースに練習に行きました。

行きの道中、M井君の友達のモトクロッサーと合流。
現地には、まえまえさんとしんさんが来られてました。
このお二方と一緒に走るのも久しぶりのような気がするなぁ~

当日はATVの集団が練習に来ていたり、林間コースでは迷彩服来たサバゲーやっていたりで、なんとなくカオス的な賑やかさでした。

このコースを走るのは2~3年ぶりのような気がする。
いつもマディーコンディションで、ストレートでも真っ直ぐ走ってくれないアフリカツインをどうにかこうにか操ってたような印象残ってるけど、この日はヌタってるのは日影の一部位で、他はドライないつになくベストコンディション。
コース自体も、ビッグオフ泣かせの左Uターン直後、助走ナシの急な登りがなくなってたんで拍子抜けするほど楽に走れました。

DCIM0112.jpg

ラリーの練習目的だし、前日の遠征での七転八倒とロングドライブで人もバイクもボロボロなもんで、
目を△にして攻めるよりも、ジャンプは飛ばず、滑るマディーは慎重に、極力疲れないラインとペースで休まず淡々と走り続けてたんですが・・・



一度もコケてはないんだけど、逐年の金属疲労で、ヘッドライトステーのブラケットが折れてしまい、昼過ぎで終了と相成りました(涙)

DCIM0119.jpg

もうその場ではどうしようもないんで、さっさと片付けて、まえまえさん特製の豚汁をごちそうになりました。

DCIM0120.jpg

この時期、アウトドアで食べる豚汁は体が温まって最高に美味しかったです。
こういうマッタリ感が加わるだけで、コース練習もいっそう楽しみが増します。ごちそう様でした~

最後の最後にM井君の友達が大転倒して、エルボーガードをしていなかった為に血まみれになるハプニングがありましたが、大事には至らず・・・
(装備は大切です)

久々にアフリカで存分に走って、楽しい週末でした。
アチコチ壊れてしまったけど、事前に痛んでる場所や補強の必要な場所がハッキリしたということで、ヨシとしておきましょう(涙)

後日、ステダンのステーなどの製作を依頼してるアフリカ仲間の方のところにブラケットの修理・溶接をお願いしに持っていったのですが・・・

DCIM0116.jpg

DCIM0115.jpg

相当負荷が掛かるみたいで、結構重症だったりします・・・
今度は単に修理するだけでなく、モンゴルの振動に耐えうるように、ワンオフでブ厚いの作ってもらって、ガッツリ溶接してまらいます。

う~ん、またしばらく乗れない日々が続くなぁ・・・




スポンサーサイト

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

サンドラン練習

う~ん、気が付けば1か月もブログ放置状態。
書きたいネタは豊富なんだけど、忙しすぎてまとめてる余裕がないっす。

先週、'09TBIでのライバルT代君のお招きで、遠州灘の砂丘地帯を走ってきました。

モンゴルで完走するためにはクソ重い我がアフリカツインでゴビの砂漠を超えなきゃならない。
ところが僕はまだ一度も砂の上を走った事がないのである。
とにかく一度は走ってみなければ傾向も対策も立てられないからね~

そういう訳で、去年のモンゴルで二輪総合5位の若手のホープ、M井君を誘って、彼の(おじいちゃんの)軽トラでGO!

DCIM0102.jpg

サンバーって初めて運転したけど、エンジンがスゴイ!
バイク2台載せてるのに高速でもグイグイ走る。さすが田舎のポルシェ(笑)
コアなファンが多いのも納得した。

しかし、所詮軽トラは軽トラ。
掛川のインターを降りる頃には二人とも腰が痛くなってきてモゾモゾしながら運転してました(笑)

早朝に外装をT360風にしたアクティトラックに遭遇して、二人して萌える。

これだよM井君(笑)
http://www.studio-madr.com/gallery.htm
僕も欲しいかも~

そんなこんなで早朝4時過ぎに集合場所到着。
駐車場のゲートが締まってたので、ビバーク出来る場所を求めて裏の方に廻ると、ミサイルファクトリー様ご一行のトランポ発見!
(前の週の東京出張の時に川崎で飲み会やってもらって、その席で僕がお誘いしたんだけどね)
まだ焚火が燃えてたので、直前まで飲んでたみたい。間に合わずで残念。

その横に車を停めて、テントを張り就寝。
風力発電の風車の真下なので、当然の如く風がキツイ。
風車のプロペラの唸る音もウルサイが、疲れてるのと、モンゴルの為に奮発したモンベルのダウンシュラフがメッチャ暖かくて爆睡できた。
今まで寒いから冬にキャンプした事なかったけど、これがあれば新しい境地が開けるような気がする。
スキー場での車中泊にも使えそうだ。

さてさて、夜が明けて・・・

DCIM0103.jpg

雲一つない超快晴! 疲れもぶっ飛ぶ清々しさ(笑)

集合場所に向かうと、そこにはBMWのR80やHP2にヤマハのスーパーテネレなどなど、ビッグオフがわんさか。
これだけの数の重量車と一緒に走る機会は長らくなかったので超ワクワクで出陣しました~

3501246_1527877698_120large.jpg

ところが、いざ砂丘に乗り込むと、これがまた僕の予想を上回る難しさ・・・(汗)



砂にタイヤ取られてバランス取れずに、まっすぐ進めないわ曲がれないわで、いきなりアフリカツインで来たことを後悔。
本番で砂漠走る事を思うと不安で一杯に・・・(滝汗)

DCIM0104.jpg

まーまーそれでも、コカしたり起こしたりしてるうちになんとなく走り方が分かってきて、そうなると俄然面白くなってきた。



青い空、広大な太平洋、目の前に伸びる白い砂丘~
スゲー気持ちええわぁ~と、楽しさを満喫しながら走ってると・・・

DCIM0105.jpg

川を渡った先が液状化してるという罠にまんまと嵌ったり・・・



BMWにアッサリと抜き去られるのが悔しくてペース上げた途端に直線でブッ飛んだり・・・



凹みを下りたら、着地の衝撃でハンドルが思い切り前に起きて制御不能になったり・・・


そんなこんなで、午前中のうちに一杯ダメ出ししまくって、人もバイクもボロボロに・・・

img_142043_29266076_3.jpg

けど、おかげで何がどうなったら危険なのかも良く分かったので、
ひと際砂まみれな状態で昼飯食って、午後からも懲りずにGO!GO!



途中でヘルメットカメラの電池が切れちゃったので、華麗に(?)走ってる様子があんまり写せなかったのが残念ですが・・・
午後からはとっ散らかる事なく、楽しく走れました~

ひとしきり走った後は、みんなで温泉に浸かってマッタリして、ボロボロになったアフリカのフロントカウルのスペアをもらいに浜松のT代くんの家に寄って、静岡ローカルの炭焼きレストラン『さわやか』で名物のげんこつハンバークを堪能。

DCIM0110.jpg

3人でのラリー談義が尽きず、帰路につくのが長々と喋ってすっかり遅くなってしまいました。
けど楽しかった~

帰りの道中は二人とも運転できないほどクタクタになってたので、途中のSAで何度も休憩しながら、長い時間掛けて帰ってきたのでありました。

三木アネ編につづく(笑)

テーマ : YouTube動画
ジャンル : 音楽

RallyMongolia2012

ずっと憧れていたけど、自分には夢のまた夢の話だと思っていた・・・
だけど、気が付いたら今、その夢の切符をこの手に掴んでいる。



その道はけっして易しくないと、先人達は言う。
きっとその通りなんだろう・・・
一体どんな試練が待ち受けているのだろう。そして僕はどこまでやれるんだろう。

不安がないと言ったらウソになる。
けど、もうすでに一歩踏み出した。

泣いても笑っても一度キリの人生。
夢の実現に向け、今、心地よい緊張感を愉しんでます。

テーマ : YouTube動画
ジャンル : 音楽

アフリカツインにICO取り付け

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
緩々書いてるブログですが、本年もよろしくお願いいたします。

書くネタは山ほどあるのですが、忙しくておっついてません(汗)
ボチボチあげていくので、鮮度が下がるのはご勘弁下さい。

さてさて、ラリーモンゴリアに出場するのに欠かせないアイテムのICOステアリングダンパーをゲットしたので早速取り付けに掛かりました。

DCIM0078.jpg

譲ってもらったステダンはKTM用でテーパーハンドル用のマウントしかなかったので、メリケンからノーマルハンドル用のブラケットをお取り寄せ。
折角なので、XR200R用のセットにしてみた。
・・・というのも、どうやらアフリカとニヒャクってステム径が同じっぽいので、もしかしたら若干の加工で使えるかもしれないし、
もしダメでもニヒャク用で使えるから。
実物見ると、径も高さもドンピシャリ! ヤッタ~!!と喜んだのもつかの間・・・
アフリカのフレームにはハンドルロック用のストッパーが溶接してあって、ステダンのフレーム側のブラケットをそのまま取り付けるにはこれを切除しないといけない・・・
それにブラケットのボルトがハンドルロックに干渉するかしないかビミョーな位置に・・・
一度切り落としてしまうと2度とハンドルロック使えなくなるし、リスクが大きいのでこれは止めておいた方が良さそうだ・・・
幸い、最初からあったKTM用のホルダーも高さは同じなので、これを加工してフレームに溶接しちゃうのが一番無難そうだ。

2011123018380000.jpg

そういう訳で、この作業はここまでで中断。

続いてICOの取り付け。

DCIM0080.jpg
前にETCアンテナ用のステーを練習がてらに作ってるので要領は心得てます。

DCIM0079.jpg
2mmのアルミ板を用意。

DCIM0081.jpg
下書き。

DCIM0082.jpg
サクサク切って折り曲げます。

DCIM0085.jpg
曲げたところは強度が落ちてるので、そのまんまだと、振動でクラック入って千切れそうなので、補強を入れなければ・・・
なので、アルミソルダーでロウ付けします。(今思えばアルミろうの方がだいぶ安上がりなんだけど・・・)

DCIM0087.jpg

DCIM0086.jpg
実はロウ付けするの初めてですが、温度が合わないとソルダーがダマになったり、熱くし過ぎるとワーク自身が溶けてしまうのでムツカシイです。
こんなもんで勘弁してやって下さい。

DCIM0077.jpg
こんな感じ~

DCIM0084.jpg
スクリーンに干渉しないかもチェック。

DCIM0089.jpg
裏側はアルミの地のままだど、スクリーンに映りこんで鬱陶しいので、ブラックアウト。
で、ベルクロを張り付けてるので、用途に応じて普段のツーリングではETCのアンテナを、
ラリーなどでは、乾電池の充電器やGoProカメラを充電する時の台にするなど、いろいろ応用が利くようにしてみました。
(USB電源は既に仕込み済)

DCIM0088.jpg
で、手元スイッチ。
スンマセン。現物合わせでテキトーに作りました。

DCIM0075.jpg
この位置や取り付け方法についてはラリーストの皆さん、いろいろ賛否両論あるでしょうが、好みの問題という事にしといて下さい(笑)
一応、あまり大きくしたり、伸ばしたりすると、転倒時に壊すリスクが大きくなるし、
僕は親指操作派なんで、ちゃんと指が届く位置にセットしてます。
ちなみに真ん中の赤ボタンがMD30用の手元スイッチで、ライトスイッチの下のトグルスイッチが電動マップケースの巻き取り用です。

DCIM0097.jpg

DCIM0098.jpg

マグネットの取り付けもテキトーです。一応ワッシャーを噛ますなどすれば、センサーとの距離を調整出来るように考えてはいるんですが・・・
タイラップが黄色いのは、切れてないか点検する時に一目瞭然で分かるようにです。
マグネットはトレイルテックのメーター用で、ちゃねスポーツさんから購入しました。
(MD30用の手元スイッチも同じく)

最後にセンサーの取り付け。
DCIM0096.jpg
ブレーキキャリパーのブラケットがいい感じです。
ここならステー作らなくて済むし、前にフォークがあるので、転倒時のダメージも少なそうだし・・・

DCIM0099.jpg
そういう訳で、穴開けて・・・

DCIM0100.jpg
タップ立てて・・・

DCIM0101.jpg
センサーをねじ込んで完成。

・・・とまあ、ここまでやっておいてなんですが、センサーがマグネットの信号を拾ってくれない事が判明。
もちろん、取り外していろいろテストしてみましたが反応せず、本体をラリー仲間のマシンに載せてみましたが、それでも動かなかったので、どうやら本体がトラブってるみたい・・・(涙)
そんな事、取り付ける前に事前にチェックしとけって話ですよね。はい、スミマセン・・・
僕が買う前までちゃんと使えてたものなので、僕の扱い方が悪いのかもしれないし、またあらためて原因の究明をしなければ。

・・・と、いう感じで、どっちも中途半端な格好で終わってしまったのでした。

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

コクピットリニューアル

今日は一日雨だったので、アフリカツインのコックピットをより充実した仕様にバージョンアップしてみました。

DCIM0029.jpg

これが従来のベース。
最初はマップケースしか付けてなかってので必要最小限のスペースで事足りてたのですが、
GPSのホルダーを追加した分、少し窮屈な感じになってきました。

DCIM0027.jpg

ちなみにベースを外した内側はこうなってます。
初めて出場した’07TBIで、道に飛び出して生えていた竹に激突して、ヘッドライトステーを根元からへし折って、その後の3日間、グラクラのライト周りを毎晩修理し、脱落しないよう気を遣いながら走らなけばならず全くレースにならなかった苦い経験があるので、知り合いに頼んでガチガチに補強入れてます。
でもMD30メーターのスピードセンサーはタイラップで留めてるだけだったりします(笑)

DCIM0030.jpg

GPSのステーは実はこんなテキトーな感じになってます(笑)
シンプルだけど十分な強度はあるハズです。
ホルダーは奮発して高級なツアラテック製。レバー一つで脱着できますが、その動きがメカニカルでカッチョエエです(驚)

DCIM0031.jpg

インジゲーターの配線はこんな感じ。
ハイビーム用の青色LEDが目を指すような鋭い光なので、銀色の塗料で塗りつぶして光量を落としてます。

さてさて、作業開始。

DCIM0032.jpg

1.5mm厚のアルミ板を用意しまして・・・

DCIM0033.jpg

従来のものをベースに両サイドを拡張します。
面倒なのでワークに直接書き込んじゃいます(笑)

DCIM0035.jpg

ジグソーでサクサク切って、角をグラインダーで面取りして・・・
ベースの出来上がり。

DCIM0034.jpg

右側の拡張した部分にGPS用の電源を追加。
たまたま南海部品で2ポートのUSB電源を見つけました!
NANKAI(ナンカイ) 電源くん2 USBダブル 425-DC1202

DCIM0036.jpg

USBが2ポートあるので、GPS使いながら携帯やヘルメットカメラの充電もできるので便利です~
従来からサイドカバーに付けてたシガーライターのソケットも残してるので、ギボシを付け替えるだけで12Vの電源も取れます。

DCIM0038.jpg

アルミの銀色は光を反射して眩しいので、黒のカッティングシートを貼ります。
マップケースはベルクロとOリングで簡単に脱着できるようにしてます。
拡張した左側にはETCのも含めてインジゲーターを。まだスペースがあるので、何か付けるかも。

DCIM0039.jpg

ETCのアンテナはここへ。
モニター用の初期のものなので、やたらデカくて邪魔です。
まあタダでもらったものなので、文句言えませんが・・・(笑)
近いうちにICOをゲットして、このステーを延長して取り付ける予定。
信頼性の高いMD30のメーターと文字の大きいICOを組み合わせればバッチリでしょう!

DCIM0040.jpg

自作のマップケースとGPSを取り付けて完成!
スッキリスマートに出来ました。トラブル防止のためにも極力シンプルに作るのが良いと思います。

プロフィール

96channel

Author:96channel
1973年9月生まれ♂
広島県尾道市出身
大阪市在住

営業職(機械)

資格・技能
・大型自動車
・大型自動二輪
・英検2級
・MOS2002Master
・フォークリフト
・小型移動式クレーン
・玉掛け
・アマチュア無線4級
・二輪車安全運転
    特別指導員

趣味・特技
・オートバイ
 ツーリング・オフロードなど
・DIY
・ハイキングやキャンプ、スキーなどアウトドア全般
・読書、映画、音楽などインドア系も好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。