スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯布院ラリー2DAYS ⑥

最後の追い込み!(笑)
原尻の滝を出発してしばらく走るとルートは本大会を始めSSERのラリーのスタッフをやって下さってる高宮さん兄弟の実家に立ち寄る。
そこでお茶とお菓子を頂いて小休止。
昔ながらの農家の雰囲気が良くて和みます。
いつものラリーとはまた一味違ったいい感じの緩急が面白い!
高宮さん、ごちそうさまでした(^O^)

さて、この先のCPの前後に、また厳しい難所が待ち受けているらしく、
もし難所がCPの手前だとして、引っ掛かってしまうと時間が厳しくなるかもなので、
あんまりのんびりもしていられない。

高宮さんの実家の裏の短いけどちょっとエクストリームなダートを抜け、
山岳ワインディングを走り、林道の途中で本日のCPが開設されてた。
チェックを受けて、ここから先がエグいガレ場になってるらしい。
コースディレクターのカオルさんの名を冠して、エルズベルグならぬ「カオルズベルグ」だとか(笑)
そのネーミングからしてどんな状況かだいたい察しがつくので気が重いけど、
行かない訳には行かないので、意を決して突入する。

カオルズベルグ②
(Photo リーチさん)

カオルズベルグ①
(Photo リーチさん)

DSCN2412_20150326215404c72.jpg
(Photo ダマさん)

軽くて足の長いバイクならともかく、こりゃビッグオフにはキツイわー(>_<)
距離は短いんだけど・・・

真ん中はガレ過ぎてて、アフリカだとお腹がつっかえて亀になるのが目に見えてるので、
どこか走れそうなラインがないか見極めてたら、一番山側の草の上が行けそう!

・・・と思って走ってみるが、丁度タイヤがハマる位の窪みが隠れててスタック(T_T)
一人だと石をどけたり穴を埋めたり土木工事をしないといけないところだったけど、
幸い先に通過した人たちが(冷やかしに)残ってくれてたので、
ゲキさんやU西さんに手伝ってもらいながら、なんとかかんとか脱出!

いやぁ~マイッタ、マイッタ!


最後まで書いちゃおうと思ってたけど、ここを思い出しただけで
ハァハァしちゃって疲れたので、今日はここまで(笑)


つづく。
スポンサーサイト

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

tag : SSER rally africatwin アフリカツイン 湯布院 ラリー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

96channel

Author:96channel
1973年9月生まれ♂
広島県尾道市出身
大阪市在住

営業職(機械)

資格・技能
・大型自動車
・大型自動二輪
・英検2級
・MOS2002Master
・フォークリフト
・小型移動式クレーン
・玉掛け
・アマチュア無線4級
・二輪車安全運転
    特別指導員

趣味・特技
・オートバイ
 ツーリング・オフロードなど
・DIY
・ハイキングやキャンプ、スキーなどアウトドア全般
・読書、映画、音楽などインドア系も好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。