スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにニヒャク

DCIM0019.jpg

先週末、ホントに久しぶりにガレージの肥やしになりかけてたニヒャクを引っ張り出して、ツーリングに行ってきました~

本当は土日はご近所会の氷ノ山合宿で、フラットダートをアフリカツインで堪能する予定だったんだけど、
雨天の予報であえなく中止となり、その代わりに我が家で集まって飲み会やってました。
朝目覚めると、右近さんが早々に帰り支度を済ませてて、「9時からM井君と走りに行くで!来るか?」
と、お誘い頂いたので混ぜてもらう事にしました。

いつもウチで飲んだ時はお昼前後までマッタリしてるのですが、今回は僕の都合で早々に追い出すような形になってしまって大変申し訳なかったのですが、慌ただしく準備して出発!
今日はアフリカでは無理なルートもあるとの事なのでニヒャクの登板となりました。

集合場所には少し遅れましたが、なんとM井君が寝坊して今起きたらしいと・・・(笑)
朝飯食う暇がなかったんで、ミスドでのんびりお茶する事が出来てラッキー(?)

DCIM0020.jpg

今回は・・・
M井君:XR600 リアタイヤが坊主のT63。大丈夫か?(汗)
右近さん:XR250 ヤル気の虎タイヤ!
クロ:XR200 汚山ご用達のVE33
と、謀った訳じゃないのにXR大・中・小のトリオに、どれも年季が入ってるます(笑)

最初のダートは僕の前の職場の近くのシングルトラック。
雨上がりなので、ヌルヌルと滑ります。
ここは前にアフリカツインでも走破したけど、あらためて走ってみると、よくこんなとこ走ったなぁ~と我ながら思ってしまった(笑)
1本目を抜けるとすぐ2本目。ここは初めて。旧職場の近くにこんなに走れるところがあるなんて知らかった・・・
もっとも当時乗ってたのはアフリカツインやCB1000SF、1300SFだったから、知ってたとしても走れないけど(笑)
序盤の土の登りで前を行くM井君の坊主タイヤがトラクションしなくなりスタック。
仕方ないので先に登ってバイクを停めて、600押しのお手伝い。
まあいろんな意味で泥を浴びるのには慣れてるし・・・(笑)

ここから、ヘルメットカメラを装着。ちょっと下向きすぎ(苦笑)



先日のアフリカで走ったELDで、丸太やら流水轍やら崩落で出来た岩場やらを乗り越えるのに散々往生したばかりなので、ニヒャクの軽さに涙が出そうになる(大袈裟)
多少引っ掛かっても片手でテール持ち上げれば簡単にライン修正出来てしまうし・・・
しかし、走ってる途中で、何でかアイドリングが急上昇。ブインブインうるさいよ。

途中で振り返るとM井君がいない。
やはり坊主タイヤのせいでかなり苦戦してるようで、僕らが通った岩場を避け、比較的なだらかなエスケープに入るもスタック。
再始動に手を貸すもギアが入ってるハズなのにズルズルと後退する。
???
どうやらクラッチワイヤを張りすぎてたのか、レバーを離してもクラッチが切れた状態になってしまたようで、前に進めなくなってしまった。
ワイヤーの調節をしさえすれば直るハズなんだが、3人とも必要な工具をもっておらず、エンジン側ダブルナットが緩められず調整ができない・・・(汗)

ここへ来る途中、麓の新興住宅地にホームセンターが出来ていたのを見ていたので、右近さんとM井君の2人でスパナを買いに行くことに。
そして必然的に僕はお留守番って事に。
いや、実はM井君の600を押した頃から、二日酔いでムカムカし始めてたので、胃を休めるには丁度いいタイミングだったりする(笑)
結局、麓のホームセンターはまだ完成してなくて、右近さんのアパートまで工具を取りに戻ったとの事で、結構長く待ったおかげで、僕の胃の調子もすっかり良くなった(笑)

よくやくM井君のバイクも直ったけど、この先を坊主タイヤで進むのは無理と判断して引き返す事に。
ここまでまだダートを1~2kmしか走ってないのに昼になってしまったので、とりあえず飯を食う。



ちなみに山で留守番してる間や飯食ってる間も電源入れっぱなしだったので、この動画を最後にカメラの電池切れた(涙)

DCIM0023.jpg

昼飯は僕のかつての職場の売店にできた食堂(僕が勤めていた当時はなかった)で、だこうどんを食べた。
具沢山で案外美味しかった~
僕が辞める少しまえに定年退職してた上司が嘱託で戻ってきてて、久しぶりに話できたのも嬉しかった(笑)

午後一の林道は初めて走る、少し登って後はひたすら下りのちょいガレなダート。
走ってる途中、なんか左膝に当たるなぁ~と思ったらグリップエンドのネジが抜けてブッシュガードがブラブラぶら下がっていた(汗)
とりあえずそのまま変なとこに引っ掛けないよう気を付けながら下り切って、ダートの出口で右近さんに六角レンチを借りてブッシュガードを外す。
M井君は途中でエンストこいて始動に手こずってたようでなかなかやってこない。

次は何度も走った事もある鳥居の林道。
最初はフラットなんだけど、後半はガレてるんだよね。
ここはかつて、CB1000SFで何故か林道ツーリングの先導をして走破した事あるんだが・・・
我ながらアフォやったな。

そして犬○林道だが、本線とピストンしか走った事ないので、ダートで抜けれるルートがあるの知らなかった。
序盤のフラットはアケアケでニヒャクではパワー不足で物足りないが、その先はアフリカではしんどそうな登りのタイトなつづら折れ。途中、先導の右近さん、つづら折れ手前の大きなギャップに捕まり転倒。
登りきると、今度は少し荒れた下りを走りきると、湯の花温泉の外れに抜ける。

そこから次の林道に向かってデカンショ街道を西に向かってる途中の信号待ちで後ろのM井君に声をかけられて振り向くと、今度はウインカーがブラ下がっている(汗)
リアフェンダーも外れ掛かってるので、タイラップで応急処置。
今日は一度もコケてないのに、振動だけでアチコチ緩んできてるから、帰ったらちゃんと増し締めしなければ・・・

途中、先導の右近さんも知らないダートの入り口を発見して突入してみる。
結構な急こう配をひたすらまっすぐ登り続ける。石粒が大きいし、一度止まると再スタートは困難なので、弾かれないように気を付けながらアクセルを開け続ける。これはなかなか面白い♪
登りきるとちょっとした深い溝があって、そこを超えるには細い丸太橋を渡らないといけない。
アプローチがしにくいところなので慎重に押していくが、丸太がコケでツルツルで、足を滑らせて溝に落ち上からバイクが倒れてきた(汗)
それを何とか体で受け止め、起こしなおして通過させた・・・危ない危ない。
その後、M井君が橋を渡るのをサポートしたが、また僕は丸太で足を滑らせてコケ、尻モチを打ってしまった・・・
カッチョ悪ぅ(恥)

それからM山に向かったが、入り口にゲートが掛かってて進入できず。
ついにここもアウトか・・・
仕方ないので、脱臼林道(僕がアフリカで調子こいて崖落ちして肩を脱臼した林道なのでそう呼ばれるようになった)に向かう。
峠道の国道でいよいよ雨がひどくなってきた。
・・・と、ここで右近さんの250が突然停止。メインヒューズが切れた。
素早くスペアに交換してまた走り出すも数百メートルも走らないうちにまた切れた。
どうやら雨で電装系のどっかが漏電かショートがしてるみたい。

DCIM0024.jpg

原因を突き止めないと同じ事の繰り返しなので、路肩にとめて調べてる間に僕は先のガソリンスタンドまで走って、ヒューズを買いにいく。
幸い、2件目のスタンドに3つ置いてたので全部買って帰ると、どこ見ても怪しいところが見つからないと・・・
仕方ないので、ヒューズ交換しただけで、いい時間にもなってきたし、ここまでで引き返すことにした。
峠を下りきると雨は止んだし、右近さんの250のヒューズも持ちこたえた。

今回は走った距離は短かったけど、M井君はクラッチ、僕は外装、右近さんは電気系と、みんなそれぞれ仲良くトラブル起こして愉快なツーリングでした(笑)

またあらためて、ちゃんと整備したバイクで工具も持ってリベンジしたいものです(爆)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

96channel

Author:96channel
1973年9月生まれ♂
広島県尾道市出身
大阪市在住

営業職(機械)

資格・技能
・大型自動車
・大型自動二輪
・英検2級
・MOS2002Master
・フォークリフト
・小型移動式クレーン
・玉掛け
・アマチュア無線4級
・二輪車安全運転
    特別指導員

趣味・特技
・オートバイ
 ツーリング・オフロードなど
・DIY
・ハイキングやキャンプ、スキーなどアウトドア全般
・読書、映画、音楽などインドア系も好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。