スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフリカツインにICO取り付け

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
緩々書いてるブログですが、本年もよろしくお願いいたします。

書くネタは山ほどあるのですが、忙しくておっついてません(汗)
ボチボチあげていくので、鮮度が下がるのはご勘弁下さい。

さてさて、ラリーモンゴリアに出場するのに欠かせないアイテムのICOステアリングダンパーをゲットしたので早速取り付けに掛かりました。

DCIM0078.jpg

譲ってもらったステダンはKTM用でテーパーハンドル用のマウントしかなかったので、メリケンからノーマルハンドル用のブラケットをお取り寄せ。
折角なので、XR200R用のセットにしてみた。
・・・というのも、どうやらアフリカとニヒャクってステム径が同じっぽいので、もしかしたら若干の加工で使えるかもしれないし、
もしダメでもニヒャク用で使えるから。
実物見ると、径も高さもドンピシャリ! ヤッタ~!!と喜んだのもつかの間・・・
アフリカのフレームにはハンドルロック用のストッパーが溶接してあって、ステダンのフレーム側のブラケットをそのまま取り付けるにはこれを切除しないといけない・・・
それにブラケットのボルトがハンドルロックに干渉するかしないかビミョーな位置に・・・
一度切り落としてしまうと2度とハンドルロック使えなくなるし、リスクが大きいのでこれは止めておいた方が良さそうだ・・・
幸い、最初からあったKTM用のホルダーも高さは同じなので、これを加工してフレームに溶接しちゃうのが一番無難そうだ。

2011123018380000.jpg

そういう訳で、この作業はここまでで中断。

続いてICOの取り付け。

DCIM0080.jpg
前にETCアンテナ用のステーを練習がてらに作ってるので要領は心得てます。

DCIM0079.jpg
2mmのアルミ板を用意。

DCIM0081.jpg
下書き。

DCIM0082.jpg
サクサク切って折り曲げます。

DCIM0085.jpg
曲げたところは強度が落ちてるので、そのまんまだと、振動でクラック入って千切れそうなので、補強を入れなければ・・・
なので、アルミソルダーでロウ付けします。(今思えばアルミろうの方がだいぶ安上がりなんだけど・・・)

DCIM0087.jpg

DCIM0086.jpg
実はロウ付けするの初めてですが、温度が合わないとソルダーがダマになったり、熱くし過ぎるとワーク自身が溶けてしまうのでムツカシイです。
こんなもんで勘弁してやって下さい。

DCIM0077.jpg
こんな感じ~

DCIM0084.jpg
スクリーンに干渉しないかもチェック。

DCIM0089.jpg
裏側はアルミの地のままだど、スクリーンに映りこんで鬱陶しいので、ブラックアウト。
で、ベルクロを張り付けてるので、用途に応じて普段のツーリングではETCのアンテナを、
ラリーなどでは、乾電池の充電器やGoProカメラを充電する時の台にするなど、いろいろ応用が利くようにしてみました。
(USB電源は既に仕込み済)

DCIM0088.jpg
で、手元スイッチ。
スンマセン。現物合わせでテキトーに作りました。

DCIM0075.jpg
この位置や取り付け方法についてはラリーストの皆さん、いろいろ賛否両論あるでしょうが、好みの問題という事にしといて下さい(笑)
一応、あまり大きくしたり、伸ばしたりすると、転倒時に壊すリスクが大きくなるし、
僕は親指操作派なんで、ちゃんと指が届く位置にセットしてます。
ちなみに真ん中の赤ボタンがMD30用の手元スイッチで、ライトスイッチの下のトグルスイッチが電動マップケースの巻き取り用です。

DCIM0097.jpg

DCIM0098.jpg

マグネットの取り付けもテキトーです。一応ワッシャーを噛ますなどすれば、センサーとの距離を調整出来るように考えてはいるんですが・・・
タイラップが黄色いのは、切れてないか点検する時に一目瞭然で分かるようにです。
マグネットはトレイルテックのメーター用で、ちゃねスポーツさんから購入しました。
(MD30用の手元スイッチも同じく)

最後にセンサーの取り付け。
DCIM0096.jpg
ブレーキキャリパーのブラケットがいい感じです。
ここならステー作らなくて済むし、前にフォークがあるので、転倒時のダメージも少なそうだし・・・

DCIM0099.jpg
そういう訳で、穴開けて・・・

DCIM0100.jpg
タップ立てて・・・

DCIM0101.jpg
センサーをねじ込んで完成。

・・・とまあ、ここまでやっておいてなんですが、センサーがマグネットの信号を拾ってくれない事が判明。
もちろん、取り外していろいろテストしてみましたが反応せず、本体をラリー仲間のマシンに載せてみましたが、それでも動かなかったので、どうやら本体がトラブってるみたい・・・(涙)
そんな事、取り付ける前に事前にチェックしとけって話ですよね。はい、スミマセン・・・
僕が買う前までちゃんと使えてたものなので、僕の扱い方が悪いのかもしれないし、またあらためて原因の究明をしなければ。

・・・と、いう感じで、どっちも中途半端な格好で終わってしまったのでした。
スポンサーサイト

テーマ : オフロードバイク関連
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

96channel

Author:96channel
1973年9月生まれ♂
広島県尾道市出身
大阪市在住

営業職(機械)

資格・技能
・大型自動車
・大型自動二輪
・英検2級
・MOS2002Master
・フォークリフト
・小型移動式クレーン
・玉掛け
・アマチュア無線4級
・二輪車安全運転
    特別指導員

趣味・特技
・オートバイ
 ツーリング・オフロードなど
・DIY
・ハイキングやキャンプ、スキーなどアウトドア全般
・読書、映画、音楽などインドア系も好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。