スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はぢめてのバックカントリースキー②

今週末も貴重で楽しい経験をしたんだけど、それはまたのちほど・・・

で、続き。

翌朝、いよいよ山スキー初体験の本番なのでありますよ。
行き先は、天候やそこから予想されるコンディション、僕の技量なども考慮してもらった上で、日本百名山のひとつ、雨飾山(1963m)に決定。

スタート地点である小谷温泉まで移動して出発の準備。
本日お借りする板の裏にシールという滑り止めのシートを貼りつけてもらう。
僕が勝手に想像してたシールって、猫舌みたいにザラザラなのかと思いきや、実際には毛の短いカーペットのような感じで、だけど、逆撫でするとちゃんとグリップするんだなぁと妙に感心する。

山スキーは立派な雪山登山であり、雪崩などのリスクも大きいので、GPSに加え友人から借りてきたビーコンも携帯して、不安と緊張でドキドキでもこれから待ち受けるアドベンチャーにワクワクしながらのスタート!

P1020007.jpg  P1020009.jpg  P1020010.jpg


小谷温泉、山田旅館の脇からスタート!
今回のパーティーはシンバさん、みずけんさん、がおーさん、リカコさん、ミホさん、そして僕の6名。
僕以外はみんな豊富な経験と技術を持った人ばかりなので、足を引っ張ってしまわないか心配でもあり、逆に言えば自分にトラブルがあってもきっとなんとかしてくれるだろうという安心感もある。

amakazari.jpg

こんな遠いところまでスキー履いて歩くなんてどうかしてます(笑)

序盤は緩い傾斜だったり、林道だったりを移動。シールの感覚や歩くテンポなどを確かめながら、調子に乗って早々と消耗してしまわないようにペースを抑え気味にしながら歩いていく。
途中、ミホさんが前日に寝違えて痛めた首の状況が良くないという事で引き返し5名での登山となる。

IMGP7568.jpg  IMGP7571.jpg


林道を歩いているうちは良かったんだけど、いよいよ本格的に山にアタックって事で、道なんだかただの林なんだか良く分からない斜面を登る事に・・・
足滑らさて落ちたらヤバイよなと思うような急斜面をジグザクに登っていくんだけど、みんなが切り返してるときにふと気づく・・・

「登りのターンってどうやるの?」

まあ、教えてもらって出来るようになったけど、バランス崩すと大変だし、体支えるのにストック突いてもズボッっと雪に埋まってしまうので、緊張する一瞬だったりする。

IMGP7578.jpg  IMGP7574.jpg

※ズボンの尻が汚れてるけど、決してビビッてチビッちゃった訳ではありません(笑)

急な登りになると、慣れた人のようには歩けないので当然どんどん離されていくし、借り物だから仕方ないけど、左足だけブーツのフィッティングが合わず、だんだん脛が痛くなってきた。
常に弁慶の泣き所を蹴られ続けてるような痛みが徐々に僕の体力や精神も蝕んでいくんだな。

P1020015.jpg

たぶんピーク3のあたり。このころはしんどいながらも、まだ笑う元気は残ってるな。

P1020017.jpg  IMGP7590.jpg

ピーク3を超え、頂上に近づくほどに、さらに傾斜がキツくなり、ジンジンと左脛の痛みがボディーブローのように効いてきてペースが上がらない。
さらに左足をかばい続けてたせいか、今度は右のふくらはぎが攣りはじめて、ビンディングについてるクライミングサポート(急斜面の登りで踵を浮かせた状態に保持できるつっかえ棒みたいな装置)を出したり仕舞ったりするのに少し踵を浮かせるだけでもピキーンと激痛が走る。
「あの人たちのペースについて行こうとしたらダメ」っていう、ミホさんの言いつけを守り、ずっと無理をせずペース抑えてたおかげでスタミナはまだ残ってるし、まだ心は折れてないので先に進みたいんだけど、いかんせん普段運動不足気味の筋肉の方が先に悲鳴をあげてしまった。
とりあえず、ロキソニンやら芍薬甘草湯やらでドーピングしたり、少し歩いてはマッサージするなどして、誤魔化しながら、それでも一歩ずつ登っていくのだが、当然一人旅に。
既に周囲に木も生えてなく、ただ雪しかない急斜面に一人ポツンと立ってると、さすがに心細くなるし、ふと我に返ると・・・

「登るのはいいとして、果たして僕の技量でこんなところ滑って降りてこれるのか?」

という、すごく肝心な事に気づく(笑)
途端に湧き上がってくる不安を、振り返ると眼前に広がる絶景に焦点を当てて振り払い、最後は右の太腿までパンパンになった状態で、みんなより大きく遅れて、やっとこさ本日のゴール地点であるピーク2まで辿り着く事が出来た。

IMGP7595.jpg  P1020019.jpg  IMGP7583.jpg

ピーク1はすぐそばだけど、スキー履いては無理っぽいみたいですね・・・
やっぱり山頂から流れる景色は最高~!

はじめて履くテレマークスキーで、はじめて雪山に登頂できた達成感を少し噛みしめる事が出来たけど、板を外して座った途端にふくらはぎやら太腿やら、さっきまで無理させてた部位が次々に攣ってしまい、身動きできなくなってシンバさんやがおーさんにマッサージしてもらう始末で、景色をのんびり味わう余裕がほどんどなかったのは残念・・・

IMGP7598.jpg  IMGP7601.jpg  IMGP7600.jpg

さてさて、どうにかこうにか登ったまではよいものの、果たして無事に下山できるのでしょうか?
つづく・・・






スポンサーサイト

テーマ : スキー
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

先月、ミサイル夫婦と道楽者4人で皆さんと戸隠でスキーと宴会でお世話になりました! 私たちはゲレンデでしたが、シンバさん達はそこいらの藪でテレマークを決めており、エレガントでカッコイい滑りを羨ましく見ておりました!
私もいつかは…

ハラハラしながら送り出したものの、ここまで行けちゃったなんてすばらしい!
はやく下り編を読みたいです

syo4さん

シンバさん達位滑れると山の中でも楽しいでしょうね~
僕も(コケて)雪まみれになりながら羨望のまなざしで見てました!

ところで、syo4さんって誰ですか?(笑)

ぴと姉

僕も早く続き書かなきゃと思いつつも忙殺されて筆が全く進んでません。
ネタは次々出てくるのに、鮮度が失われてくばかりで勿体ない・・・(涙)
更新、もう少し待ってくださいね。

syo4さん

あ、先ほど誰か分かりました!(笑)
プロフィール

96channel

Author:96channel
1973年9月生まれ♂
広島県尾道市出身
大阪市在住

営業職(機械)

資格・技能
・大型自動車
・大型自動二輪
・英検2級
・MOS2002Master
・フォークリフト
・小型移動式クレーン
・玉掛け
・アマチュア無線4級
・二輪車安全運転
    特別指導員

趣味・特技
・オートバイ
 ツーリング・オフロードなど
・DIY
・ハイキングやキャンプ、スキーなどアウトドア全般
・読書、映画、音楽などインドア系も好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。