スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RALLY MONGOLIA 2012 ETAP1-1 旅の始まりの巻

8/12 ETAP-1 ウランバートル→バヤンホンゴル 692.56km
(リエゾン:439.27km  SS:253.29km)

↑の予定だったけど、先述のとおり、悪天候の影響により、後半のSS(スペシャルステージ)がキャンセルとなり、ビバーク地のバヤンホンゴルまで直行のリエゾンとなった。距離は約650kmほどに短縮。
ビッグオフにとっては難所になりそうな名物スガワラ峠がキャンセルになったのはラッキーなような、せっかくのレースのハイライトの一つが失われたのは損したような・・・なんだか複雑な心境。(でもやっぱり走ってみたかったなぁ)

その代わりにタイムアロード(制限時間)が11時間のジャスト・オン・タイムに設定され、早着しても遅着してもペナルティーになる。
本来のSSのスタート地点であるCP-1からゴールまでの約200kmはコマ図がなく、情報はビバーク地点のGPSポイントのみ。ピスト(未舗装の轍)も100kmほどある。
そんな状況の中を平均時速60km/hで走り抜けなければならないのは結構キツいノルマなんじゃなかろうか?
決してレースが楽になった訳じゃない。油断大敵と己を戒める。


P1020123 (640x480)    P1020124 (640x480)

スタートの朝、前日までとは打って変わって綺麗に晴れ渡りました!
気温もやや涼しめで、絶好のツーリング日和(笑)です。

431159_514127908613526_886244054_n (640x480)

ワクワクしてます(笑)

P1020122 (640x480)

現地ガイドのハナちゃんことツィギーさんとは今日でお別れです(涙)

午前8時、いよいよ8日間に渡るラリーが幕を開けました!
グランドスタートは1台ずつゼッケン順に1分間隔で行われます。
#21の僕は8:19(一人欠場者がいるので)に出発です!

NO21-003 (426x640)

NO21-004 (426x640)  NO21-005 (426x640)

スタート前はこれから始まる8日間の冒険への期待でワクワクしてたのに、いざスタートラインにつくと、憧れだった海外ラリーのスタートに今こうして自分が立てていることや、ここに至るまでのいろんな事、お世話になった人や応援してくれてる人の事などが思い浮かんで、熱いものが一気に胸にこみ上げてきた。

「行ってきます!」下の瞼にじわっと滲んで溜まってるものをこぼさないようにグッとこらえながらクラッチを繋いだ…



郊外のハンリムリゾートホテルを出発し、ウランバートルの街外れからモンゴルを横断するメイン国道を西に向かいます。

つづく











スポンサーサイト

テーマ : モータースポーツ
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

96channel

Author:96channel
1973年9月生まれ♂
広島県尾道市出身
大阪市在住

営業職(機械)

資格・技能
・大型自動車
・大型自動二輪
・英検2級
・MOS2002Master
・フォークリフト
・小型移動式クレーン
・玉掛け
・アマチュア無線4級
・二輪車安全運転
    特別指導員

趣味・特技
・オートバイ
 ツーリング・オフロードなど
・DIY
・ハイキングやキャンプ、スキーなどアウトドア全般
・読書、映画、音楽などインドア系も好き

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。